新書の中の言葉

 私が考えるいま必要な教養とは、たくさんの知識を身につけることではない。もちろん何も知らなくては困るが、もっと重要なことは、知識を自分の中で位置づけ、行動の指針となるような方向性を育てることだと思う。

  「教養としての言語学」 鈴木孝夫  岩波新書